なぜ胸は垂れる?バストの垂れる仕組みとは

なぜ胸は垂れる?バストの垂れる仕組みとは

 

魅力のあるバストとは、ボリューム感と共にハリがある事も大切です。
若いころは、ハリのあるバストだったのだけれど、加齢や出産、授乳などでバストの形が変わり垂れてしまったという方も多いと思います。

 

バストが垂れるのにはいくつかの理由があります。
バストは脂肪と乳腺組織から作られているのですが、乳腺組織を守るためにバストに脂肪がつく事でバストアップへと繋がります。

 

しかし妊娠や授乳で活性化されていた乳腺が、卒乳のよって発達が悪くなり、同時にバストの脂肪が落ちる事で垂れに繋がります。
また加齢により、大胸筋が衰えてしまいバストの重みを支えきれなくなる事も垂れの原因です。

 

バストが垂れてしまうと、実年齢よりも老けた印象になってしまう事も考えられますし、女性としては、やはり綺麗な身体をキープしたいと考えて当然なので垂れを改善して美しいバストを取り戻しましょう。

 

バストが垂れる仕組みは、乳腺と大胸筋によるものという事が理解出来たので、乳腺を活発化させてバストの垂れを改善するために必要な事を行います。

 

食生活の中で女性ホルモンを促して乳腺を発達させるにはイソフラボンが必要になります。

 

イソフラボンは豆類に豊富に含まれているので豆乳や納豆などを積極的に口にするようにすると良いでしょう。
また女性ホルモンと同じ働きをするサプリメントを服用するのもバストの垂れ改善にとって1つの手です。

 

そして大胸筋を鍛えるためにストレッチバストアップ運動を毎日日課にする事により、バストが正しい位置に引き上げられて、垂れから脱出される事になります。


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ