勘違いしている方が多い?ピルとバストアップの関係性

勘違いしている方が多い?ピルとバストアップの関係性

 

従来は避妊や体内のホルモン調節を目的として使用されていたピルですが、最近ではバストアップのために服用する女性も増えています。

 

ピルがバストアップに繋がる理由は、ピルの主成分が女性ホルモン(エストロゲン)である事やプロゲストロン(黄体ホルモン)が配合されている事です。

 

女性ホルモン(エストロゲン)は乳腺形成を促す事によってピルでバストアップへと繋がるのです。
バストアップをするためには、女性ホルモンの分泌を活発化させる必要があります。

 

ピルはバストアップには欠かす事の出来ない女性ホルモンの働きを良くする事の外に、バストアップに最も必要な働きをします。

 

バストは脂肪から出来ています。その脂肪は乳腺を守るためについており、乳腺がしっかりと発達していると、乳腺を守るために脂肪もたくさんつく事に繋がり、バストアップへと導いてくれるのです。

 

そのため、ホルモン調整などでピルを服用されている方も、気づかない内にピルのバストアップ効果によってカップ数が上がっていたという事もありえるようです。

 

しかし、ピルの本来の目的は避妊やホルモン調整といった物でありバストアップではないため、バストアップを本気で考えるのならば、ピルよりもバストアップサプリの方が効果が期待出来るといえます。

 

ピルには副作用がある事も考えられるので、医師と相談して服用する必要もあります。

 

そのため、ピルのバストアップ作用は、女性ホルモンの調整をするために使った事によるオマケみたいな物だといえるでしょう。


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ