これは知っておいた方がいい!豊胸手術の失敗について

必見!豊胸手術の失敗と副作用について

こんにちは!

 

4月に突入し、だいぶ暖かく過ごしやすくなってきましたね♪
桜がとっても美しくて、癒される季節です。
もうお花見はすませましたか?

 

 

さて、あと数ヶ月で水着や薄着のの季節である夏がやってきますね!
『生足を出すためにやせなきゃ!』という声や、『ムダ毛の処理をしなきゃ!』と
考えている女性も多いのではないでしょうか。

 

また、好きな人や気になる人と海に行きたい!そのために少しでもバストアップしたい!と思っている方もいるでしょう。

 

 

 

今回は、豊胸手術について書いてみたいと思います。

 

よく、美容クリニックの広告でAカップからDカップになりました!的
な豊胸手術の写真が掲載されていたりしますが、あれは成功したケースのみです。

 

時間をかけずにバストアップしたい!という方もいるかもしれませんが、検討する前にしっかり失敗例や副作用を調べてみましょう。

 

 

まずは、代表的なヒアルロン酸注射です。これは、人体に直接ヒアルロン酸を注射する手術ですが、
まれに数%の確率で注射しても溶けずにしこりになってしまうケースもあるようです。

 

 

このしこり自体は悪影響はないようですが、痛みを伴うケースも。
見た目的にもボコボコして不自然になる可能性もあります。

 

そして、まれにヒアルロン酸で細菌感染を起こすケースもあるようです。
その場合、抗生物質で治療するか、ヒアルロン酸を取り出すなどの措置がとられるようです。

 

 

人体はヒアルロン酸を異物として認識するのかもしれませんし、何回も注射や取り出したりといった措置を繰り返すのも怖い気がします。

 

ヒアルロン酸は、徐々に人体に吸収されるので、バストの大きさが永久的に持続するわけではないようです。

 

次回に続きます。


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ