バストの正体は脂肪!女性ホルモンを増やす方法3つ

女性ホルモンを増やす方法とは

 

大きなバストに憧れる女性や、期待する男性は多いと思います。

 

確かに形の良いバストは魅力的ですが、
バストは脂肪から出来ているという事をご存知ですか?

 

バストの正体は、
脂肪組織が9割、乳腺組織が1割で作られています。

 

そして乳腺組織は15〜25個の乳腺葉の塊から作られており、
この乳腺葉が発達している事がハリのあるバスト作りには欠かせません。

 

綺麗なバストを作りたいと願うのならば、
乳腺を発達させるために
女性ホルモンの分泌量を増やす必要があります。

 

そして乳腺を守る働きを脂肪組織がしてくれます。

 

そのため乳腺が発達する事により
脂肪組織も増える事になるので美しいバスト作りに繋がっていくのです。

 

女性ホルモンを増やそう

 

バストの脂肪と乳腺の関係が理解できたら、
女性ホルモンを増やす事を心がけましょう。

 

マッサージを行って血行を良くする事、
食生活などで脂肪が適度についたバストをつくりあげます

 

とくに食生活はバストと関係が深く、
無理なダイエットで脂肪が無くなってしまう事でバストが小さくなってしまう事も考えられるので、
脂肪を無くしてしまわないような栄養バランスを規則正しくとり脂肪をキープするようにしましょう。

 

女性ホルモンはデリケートなので、
ストレスや睡眠不足なども大きく関係してきます。

 

ハリを脂肪で守られた美しいバストを希望するならば、
規則正しい生活も必須になのです。


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ