豊胸手術・シリコンバッグ法って、どんな手術?

豊胸手術・シリコンバッグ法って、どんな手術?

 

女性は胸に様々なコンプレックスを抱える方が多く存在します。

 

コンプレックスがある事で自分に自信が持てない場合もあるので、上手に解消をする事で自分らしい自分を取り戻す事にもなるのです。

 

最近では胸の大きさにコンプレックスがある女性から豊胸手術が高い注目を集めています。

 

中でも豊胸手術シリコンバック法という物の人気が高いようです。

 

豊胸手術シリコンバッグ法の施術とは、乳房の下の人工乳腺の豊胸用シリコンバックを挿入して、バストを大きくする事やハリを出します。

 

また左右の差に悩まれている方のために人工乳腺治療にも使う事があります。

 

豊胸手術シリコンバッグには様々な形があり、表面の違いは2種類で、テクスチャードタイプといわれる表面がざらざらしているタイプの豊胸シリコンバッグと、ツルツルしているスムースタイプの豊胸シリコンバッグがあります。

 

そして豊胸手術シリコンバッグの形は>3種類から選ぶことが出来て、

  • お椀の形をした自然の仕上がりのラウンド型、
  • ラウンド型ほど自然な仕上がりでは無いですが下側にボリュームのあるアナトミカル型、
  • 左右が非対称で内側から外側に広がる形でボリュームが出るアシンメトリー型

 

の豊胸手術シリコンバッグになります。

 

豊胸手術シリコンバッグの種類も生理食塩水・ハイドロジェル・コヒーシブシリコン・バイオセルバッグ・メモリージェルバッグ・クリスタルバッグ・ベッカータイプバッグと種類も多く、どの豊胸手術シリコンバッグを選ぶかが重要になります。

 

 

沢山の種類があるからこそ自分のなりたい理想のバストをキチンと伝えて自分に合う豊胸手術シリコンバッグを使う事が大切だといえます。

 

どの豊胸手術シリコンバッグにも長所と短所があるため、しっかりと理解した上で相談をして希望に近づけるようにしましょう。

 

 

 

 


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ