自分の脂肪でバストアップ!豊胸手術・脂肪注入とは?

自分の脂肪でバストアップ!脂肪注入とは?

バストにコンプレックスを持つ方の間で非常に注目をあびているのが豊胸手術・脂肪注入です。

 

豊胸手術脂肪注入の方法は、御自身のお腹やヒップ、太ももといった所から余分な脂肪細胞と幹細胞を吸引し、バストに注入する手術法です。

 

脂肪注入法でバストアップを行うと、自然の仕上がりで丸みのあるバストが手に入ると同時に、バストに自分自身の脂肪が脂肪注入されている事から、術後に身体にかかる負担も少ない事や脂肪注入による違和感なども少ないようです。

 

脂肪注入ならば、異物の後遺症がない点も人気が高い理由です。

 

手術の際には全身麻酔や硬膜外麻酔は使用せず、安全性が高い局所麻酔のウェットメゾットで行われます。
そのため、脂肪注入のオペをした後でもすぐに自宅に帰る事が可能です。

 

脂肪注入により豊胸手術の後は正常な脂肪細胞として定着するまでの期間は、激しい運動やバストマッサージなどは避ける必要があります。

 

自分の脂肪を注入する形の豊胸手術は、豊胸手術の中でも主流になりつつあり、脂肪注入を実際に体験した方の話でも仕上がりの良さに納得する事が出来ます。

 

美しく上向きの胸、自然な柔らかさといった脂肪注入によって手に入れる事が出来ればコンプレックスを改善する事に結びつき、自信を持って楽しい毎日が送れるようになります。


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ