豊胸手術といえばこれ!?有名な人口乳腺法とは?

豊胸手術といえばこれ!?有名な人口乳腺法とは?

 

豊胸手術の中に人工乳腺法という物があります。

 

人間の乳腺に近い人工のバッグを腋の下から挿入する事でバストアップ効果を図ります。

 

人工乳腺法の方法としては、傷が目立たないように腋の下のシワにそって数センチを切開して、本人の悩みによってサイズを一般的には2サイズ〜3サイズ大きくする方が多いようです。

 

人工乳腺法は手術の後が判りにくく、自然なバストを作り上げる事が可能です。

 

バストの悩みを持つ方は、体質でサイズが小さい方から、出産後の授乳などで垂れてしまった方など様々ですが、そういった悩みを人工乳腺法で解消する事が出来るのです。
人工乳腺法ならば、乳腺を傷つける事もないため授乳の際に不具合が出る事は有りません。
また人工乳腺法を行ったからといって感覚障害になってしまうのでは?といった不安も不要です。

 

人工乳腺法で使う物には沢山の種類があります。

 

など様々な物があるので人工乳腺法を行う際には医師とよく相談をして安全性や感触に関する質問、耐久性など納得をしてから選ぶことが大切です。

 

例えばシリコンバッグを挿入するタイプの人工乳腺法では、シリコンバッグが破れてしまう可能性も考えられます。

 

しかし、生理食塩水が万が一漏れた場合でも作られている成分が人間に血液に近いので害は有りません。こういった事をしっかりと頭に入れてから人工乳腺法を行う事が大切なのです。

 

人工乳腺法の場合には約10年程度といった長いスパンでの豊胸効果が期待出来ます。

 

またサイズも1〜5段階で選ぶことが出来るので、自分の希望するバストを作る頃も可能だといえます。


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ