合わないブラジャーの見分け方や付けると悪い理由

合わないブラジャーの見分け方や付けると悪い理由

 

バストの綺麗な状態をキープするためにつけるブラジャーですが、自分のサイズに合わないブラジャーを使い続けると大変な事になってしまいます。

 

合わないブラジャーをつける事により、バストの下垂、形がくずれるなど、ブラジャーでバストをケアする上で最も大切な事がされなくなってしまうのです。

 

まずは、自分のバストのサイズをしっかりと知る事が大切です。
アンダーとトップのサイズを測り、カップ数を出します。

 

そしてバージスラインといわれる、胸の栄目が綺麗に出るブラジャーを選ぶ必要があります。
バージスラインが綺麗に出ていない場合には、合わないブラジャーということになります。

 

また、実際のサイズよりも小さくて合わないブラジャーを使ってしまうと、血行が悪くなってバストは勿論、健康面にも悪い影響を与えてしまうのです。

 

そのため合わないブラジャーを使い続ける事は、やめる事をおすすめします。

 

また、「自分のバストにはどれもブラジャーが合わない!」という悩みを持っている方の場合には、下着屋さんにプロのアドバイス、計測をお願いする事で合わないブラジャーから、自分にフィットしたブラジャーを見つけ出す事が出来ます。

 

多少金額は高くつくかもしれませんが、魅力アップのための必要資金だと思って、合わないブラジャーから卒業しましょう。

 

身体を動かしてみてストラップが肩から落ちたり、手を挙げた際にブラジャーがめくれ上がるといった状態の場合には、合わないブラジャーを使っているという事になります。

 

そして、実は世界の80%の女性は合わないブラジャーをつけていると言われています。

 

合わないブラジャーをつける事でリンパの流れが悪くなり、最悪の場合には乳がんになってしまう可能性も出てきますので、合わないブラジャーでは無く、キチンとサイズの合った物を使うようにしましょう。


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ