意外と知らない!バストのカップの基準とは

意外と知らない!バストのカップの基準とは

 

女性の皆さんは正確なバストの測り方をご存知でしょうか?
バストのトップと、アンダーの差を計算してカップ数が決まります。

 

バストのカップ数は2.5p毎になっていて、

 

Aカップが10センチ
Bカップが12.5センチ
Cカップが15センチ
Dカップが17.5センチ
Eカップが20センチ

という具合です。

 

そしてカップ数と同時に数字が書かれているのですが、
コチラはアンダーの数字になります。
アンダーの数字少ないほどバストが大きいという事になります。

 

例えばカップ数はCだったとしても、アンダーの数字が70の方と85の方では、
カップ数は同じでも、見た目が70の方の方がスレンダーでバスト自体が大きいと同時に女性らしい体つきだと言えるのではないでしょうか。

 

 

そのためバストのサイズと一口で言っても、
なかなか奥深い事が理解出来ます。

 

男性などは、カップ数と数字が大きいほど
、バストも大きいと誤解している方も多いと思います。

 

キチンとバストのサイズを知る事は、美しいバスト作りにも大切な事です。
正しいバストの測り方が分からない場合や、もしも自分でバストのサイズを測るのが難しいと感じたら、下着屋さんなどにお願いしてみるのも1つの手だと言えるでしょう。


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ