助産師が開発!効果抜群のおっぱい体操のやり方と嬉しい効果3つ

助産師が開発!効果抜群のおっぱい体操のやり方と嬉しい効果3つ

 

女性ならば、柔らかくて弾力がありハリのあるバストになりたい!
という願望があると思います。

 

バストの悩みを抱える女性の中には大きさや形、
ハリがなく垂れてしまっているという内容の物が多いようですが、
その悩みを解決してくれる「おっぱい体操」というものがあります。

 

 

バストがフワフワでは無く硬くなってしまうのは、
姿勢の悪さや自分の胸に合わないブラジャーで締め付ける事により
血液やリンパの流れを悪くしてしまう事が原因の1つだとされています。

 

 

おっぱい体操は、
胸の筋肉にはりついてしまってかたくなったバストから、老廃物の溜まりを解除して柔らかくしてくれる効果があります。

 

おっぱい体操の方法

 

おっぱい体操を行う際には、左右同じ回数行いますが、
必ず先に左側のバストからはじめる事が大切です。

 

リンパの流れを考えると、
左からおっぱい体操をする事が効果を得られやすいためです。

 

バストを揺らしたりほぐしたりするおっぱい体操を1日2回、朝と夜に行う事を日課にする事で、バスト本来の柔らかさを取戻し、形も整って来るので、寝る前と起きた時におっぱい体操を行う事をクセにしてみるのもお勧めです。

 

 

また、お風呂に入った時などに行う
っぱい体操も、美乳への近道になります。

 

おっぱい体操の揺らし方にも注意が必要です。
10秒に20〜30回を目安にしましょう。

 

 

小刻みに揺らしてしまうと脂肪の代謝が
高まってしまうのでサイズが小さくなってしまう事も考えられます。

 

せっかくおっぱい体操をするのならば、正しく行うようにしましょう。

 

おっぱい体操は美しいバストを作る他にも、
肩こりの改善や美肌効果といった事も期待出来るので、女性の体のトラブルを改善してくれます。

 

 

詳しくはこちら→神藤多喜子先生の「おっぱい体操」

 

助産師経験35年・のべ施術人数2万人以上!

57歳にしてDカップを維持している究極の方法!


ホーム RSS購読 サイトマップ