いつまでも、魅力的なママに!効果的な授乳中のバストケア

いつまでも、魅力的なママに!効果的な授乳中のバストケア

 

女性の体は妊娠をすると様々な変化をします。
女性ホルモンの働きにより、妊娠2ヵ月頃から乳腺が発達して、バストが非常に大きくなります。

 

これは出産後の授乳中の時期に母乳が出やすい状態にするために身体が準備をしているのです。

 

そして妊娠10ヵ月・産後2日〜3日がピークとなり、その後は授乳中から卒乳の時期に向かって、乳腺の活動はしつつも段々と乳腺脂肪は減っていくため、頻繁な授乳中の頃に比べると段々とバストサイズも落ちて来ます。

 

その後は授乳中のバストから、妊娠前のサイズに落ち着いていくのです。
しかし授乳中は気にならなかったバストの変化が、卒乳する事で色や大きさ、ハリといった授乳中とのバストの変化に悩む方も多い>ようです。

 

授乳中の頃のバストとまではいかなくても、ハリや形を取り戻すためにはバストケアが必要です。

 

そしてバストケアをキチンと行う事で、授乳中のようなサイズのバストになる事も不可能では有りません。

 

バストケアは大胸筋を鍛えてハリを持たせるためにストレッチや体操などが効果的なバストケアだといえます。

 

お風呂に入った時や寝る前などリラックスタイムのバストケアを習慣にすると、続ける事により授乳中の頃ような大きなサイズを取り戻せるかもしれません。

 

また、食生活でも女性ホルモンを活発化させる食材を積極的に摂取する事も、バストケアに繋がります。

 

イソフラボンを豊富に含む大豆製品はバストケアにとって必須栄養素といえるでしょう。

 

バストケアの外に、健康のためにも授乳中に食べるのもお勧めです。
出産・授乳中で自分の事は後回しになってしまっていたと思いますが、バストケアをする事で、本来の体型を取戻し綺麗なママでいられるよう努力しましょう。

 

バストケアをした美しいスタイルは自分だけでなく、子どもさんや旦那さんも喜ぶと思います。


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ