女性必見!出産とバストの変化について

女性必見!出産とバストの変化について知ろう

 

大切な我が子を出産するというのは、女性にとってはこれ以上のない喜びです。

 

妊娠中も自分の体に変化がみられたと思いますが、赤ちゃんを育てるためのおっぱいとして出産後のバストは、また大きく変わります。

 

まず妊娠2ヵ月の辺りから女性ホルモンが活発化する事で乳腺が発達し、産後に母乳がするに出るように準備を始める事でバストもドンドンと大きくなります。

 

そのため妊娠後期の10ヵ月頃には普段のバストのカップ数よりも2サイズ以上大きくなる事や出産2~3日がピークに大きくなるのです。

 

出産した後のバストは、約1年の間に乳腺は授乳の影響で活動をしているのですが、出産後に段々と乳腺脂肪が減り始めるので、妊娠・出産前の通常のバストサイズに戻ります。

 

出産を経験された方は、出産前の元のサイズよりもバストがしぼんでしまったり、乳首が長くなってしまった、乳首の黒ずみが気になるといった悩みを持たれているようです。

 

特にバストにハリがなくなってしまったという方が多いようですが、出産後にバストを元に戻す大胸筋を鍛えるストレッチや、女性ホルモンを活発化させる食材を積極的に摂取する事でバストアップにも繋がります。

 

出産したから…と諦める前に、いつまでも女性らしくいられるためにバストケアから始めていてはいかがでしょうか。

 


>>たった3週間で2カップUPする方法はこちら




ホーム RSS購読 サイトマップ